これでできる! はじめてのOSSフィードバックガイド ~ #駆け出しエンジニアと繋がりたい と言ってた私が野生のつよいエンジニアとつながるのに必要だったこと~【電子書籍版】

これでできる! はじめてのOSSフィードバックガイド ~ #駆け出しエンジニアと繋がりたい と言ってた私が野生のつよいエンジニアとつながるのに必要だったこと~【電子書籍版】

  • Digital
    1,000 JPY

※サークル「OSS Gate」の委託商品です。 ※こちらはダウンロードカードをお持ちでない方向けの電子書籍です。ダウンロードカードをご購入済みの方は、こちらの商品ではなく https://sysadgirl.booth.pm/items/1846209 からファイルを無料でダウンロード頂けます。 ※紙媒体が欲しい方は、プリントオンデマンド形式の商業流通版 https://www.amazon.co.jp/dp/4844378813/ であればすぐに入手いただけます。同人版については、最新の頒布情報を https://github.com/oss-gate/first-feedback-guidebook/blob/master/README.md#%E9%A0%92%E5%B8%83%E4%BA%88%E5%AE%9A でご確認下さい(随時更新します)。 「OSSにフィードバックしてみたい人の背中を押すワークショップ」として日本全国で計70回近く開催されている「OSS Gateワークショップ」。 その中で参加者の方から実際に寄せられた質問への回答を元に、コミュニケーションの取り方やイシュー報告・プルリクエストのマナー、取り込まれやすい変更のコツなど、今まであまり言語化されてこなかった「OSS開発者・OSSコントリビューターが日常的にしていること」を幅広く解説します。 OSSの世界では、駆け出しもベテランも関係なく「問題を解決しようとする人」が誰より尊敬されます。 自分の遭遇した問題の解決に協力して、あなたも今日からOSSコントリビューターの仲間入り! 冒頭20ページの試し読みPDFはこちら: https://drive.google.com/file/d/1n6t619qQ7-8Az3JMucT4Dns9NRUhom1z/view?usp=sharing 目次: 第I部 フィードバックするための準備  第1章 本当に「誰でもできる」の?  第2章 OSSを探そう  第3章 何をフィードバックしたらいいのか分からない  第4章 どこにフィードバックしたらいいか分からない 第II部 最初のフィードバック  第5章 どう報告すればいいのか分からない  第6章 英語での報告の仕方が分からない  第7章 それでもためらってしまうあなたへ  第8章 プルリクエストしてみたい!  第9章 他の人のフィードバックから学ぼう 第III部 フィードバックした後のこと  第10章 要望が通らない!  第11章 プルリクエストをマージしてもらえない!  第12章 仕事が忙しくてOSS活動に時間を割けない!  第13章 バグ報告やパッチ提供以外の形でのOSS開発への参加  第14章 ライセンスについてより正確に知る ※この商品は、 https://github.com/oss-gate/first-feedback-guidebook にてCC BY-SA 4.0/GFDLのもとで公開中の原稿を元に、電子書籍形式のファイルをビルドした物となります。この商品を購入しなくてもすべての内容は読むことができ、また、腕に覚えのある方であれば原稿から同等のファイルのビルドも可能です。この商品の値段は、書いた人への投げ銭もしくはファイルのビルド作業の手間賃とお考え頂ければ幸いです。

※サークル「OSS Gate」の委託商品です。 ※こちらはダウンロードカードをお持ちでない方向けの電子書籍です。ダウンロードカードをご購入済みの方は、こちらの商品ではなく https://sysadgirl.booth.pm/items/1846209 からファイルを無料でダウンロード頂けます。 ※紙媒体が欲しい方は、プリントオンデマンド形式の商業流通版 https://www.amazon.co.jp/dp/4844378813/ であればすぐに入手いただけます。同人版については、最新の頒布情報を https://github.com/oss-gate/first-feedback-guidebook/blob/master/README.md#%E9%A0%92%E5%B8%83%E4%BA%88%E5%AE%9A でご確認下さい(随時更新します)。 「OSSにフィードバックしてみたい人の背中を押すワークショップ」として日本全国で計70回近く開催されている「OSS Gateワークショップ」。 その中で参加者の方から実際に寄せられた質問への回答を元に、コミュニケーションの取り方やイシュー報告・プルリクエストのマナー、取り込まれやすい変更のコツなど、今まであまり言語化されてこなかった「OSS開発者・OSSコントリビューターが日常的にしていること」を幅広く解説します。 OSSの世界では、駆け出しもベテランも関係なく「問題を解決しようとする人」が誰より尊敬されます。 自分の遭遇した問題の解決に協力して、あなたも今日からOSSコントリビューターの仲間入り! 冒頭20ページの試し読みPDFはこちら: https://drive.google.com/file/d/1n6t619qQ7-8Az3JMucT4Dns9NRUhom1z/view?usp=sharing 目次: 第I部 フィードバックするための準備  第1章 本当に「誰でもできる」の?  第2章 OSSを探そう  第3章 何をフィードバックしたらいいのか分からない  第4章 どこにフィードバックしたらいいか分からない 第II部 最初のフィードバック  第5章 どう報告すればいいのか分からない  第6章 英語での報告の仕方が分からない  第7章 それでもためらってしまうあなたへ  第8章 プルリクエストしてみたい!  第9章 他の人のフィードバックから学ぼう 第III部 フィードバックした後のこと  第10章 要望が通らない!  第11章 プルリクエストをマージしてもらえない!  第12章 仕事が忙しくてOSS活動に時間を割けない!  第13章 バグ報告やパッチ提供以外の形でのOSS開発への参加  第14章 ライセンスについてより正確に知る ※この商品は、 https://github.com/oss-gate/first-feedback-guidebook にてCC BY-SA 4.0/GFDLのもとで公開中の原稿を元に、電子書籍形式のファイルをビルドした物となります。この商品を購入しなくてもすべての内容は読むことができ、また、腕に覚えのある方であれば原稿から同等のファイルのビルドも可能です。この商品の値段は、書いた人への投げ銭もしくはファイルのビルド作業の手間賃とお考え頂ければ幸いです。

仕様

「しがないラジオ」パーソナリティ・gamiさんに頂いた書評

イラストレーター・Webデザイナーのえす吉さんに頂いた書評

Webデザイナー・マンガ家・イラストレーターで「わかばちゃんと学ぶGit使い方入門」ほかの著者の湊川あいさんに頂いた書評